MENU

車の買い替え、おすすめの時期は?

 

一般的には、”1月〜3月の年度末に向けた時期”がベストと言われています。

 

※4月1日付で自動車税の対象となる前に処分する人が多いため

 

ですが、結論から先に言うと

 

「買い換えるなら、今でしょ!」

 

という、某先生の言葉どおり、今がおすすめです。

 

買取額が下がるため

 

  • モデルチェンジがある
  • 年を超える
  • ライバル車種が新モデルを発表する

 

といった理由で、あなたが現在乗っている、愛車の査定額が大幅に下がるからです。

 

私の経験ですが、新モデル発表が原因で12万円くらい下がった経験があります(涙)

 

また、月日が経つほど車の価値がどんどん下がるため、買い替えは今がベストです。

 

【今すぐ、愛車の無料一括査定をするならこちら】

 

http://a-satei.com/

 

 

おすすめの車種は

 

  • 独り者 or 家族
  • レジャー用 or 近所の買い物程度
  • 国産 or 外車

 

など人や状況によって、異なるためなんとも言えません。

 

ただ、一つ言えることは”新古車”は意外な穴場です。

 

無料で理想の”新古車”を探してみませんか?

 

これから紹介する”ナビクル”というサービスは”欲しい車の条件を入力するだけ”で、

 

中古車のプロがあなたの希望通りのプリウスの新古車・未使用車を探してくれます。

 

「予算は○×円以内に抑えたい」
「ディーラーの新車見積もりと比較してみたい」

 

など細かい要望を備考欄に書けば、連絡時にスムーズに話が進みます。

 

利用料金は無料ですので、ナビクルでまずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

 

ナビクル(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の60秒!他を圧倒する簡単入力!
A完全無料であなたにピッタリのプリウスを探してくれる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
C購入後のアンケート回答でAmazonギフト券5,000円分プレゼント!

 

https://a-navikuru.com

 

 

現在の”愛車”の査定をするなら

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

 

TOPへ

 

 

車買取&買い替えのQ&A

 

車買取を紹介する人

 

車の下取りと買取の違いとは?

 

下取りとは、新しい車を購入する販売店で現在乗っている車を売り、購入する際の代金の一部に充当する方法です。一般的に多くの人が行っている、ポピュラーな方法です。下取り価格は各社が決めている基本価格をもとに、キズなどを減額して決めます。

 

下取りの大きなメリットは、車の新規購入の契約と下取りの契約とを販売店で全て行うため、手間がかからず楽という点です。また、新しい車の納車と同時に引き渡すので、買い替えまでの移動手段に困らないということもメリットの一つです。

 

一方で買取は、買取専門店などに現在の車を買い取ってもらい、現金を得ることです。新規購入を考えているならば、その代金を購入に充てることができます。

 

以前であれば下取りの方が圧倒的に多くとられる方法でしたが、最近では買取も増えてきています。理由は買い取り価格の違いにあります。下取りよりも買取の方が、大抵の場合は高く買い取ってもらえます。なぜならば、買取は装備やオプションなども評価の対象となり、車を現金化するまでの流通経路も確立されているためです。また、買取専門店も自宅まで無料で査定に来てくれたり、名義変更などの手続きも代行してくれるので、下取りと比べても、買取が以前ほど手間のかかるものではなくなってきていることも要因です。

 

 

売却するタイミングはいつがベスト?

 

車の売却で多くの人が疑問に感じているのが、車を売却するタイミングはいつがベストなの?という疑問です。これには絶対的な正解というものはありません。しかし、中古車相場が高くなる時期というものがあります。その時期には相場よりも高く売れる可能性が高まることは事実です。その時期は免許を取得する人が増える3月、4月です。この時期は若い世代の人たちが車に乗り始める時期です。なので、一時的に中古車の需要は高まります。若者の車離れが問題視されている日本ですが、それでも一定の需要はあるので、この時期は狙い目です。後はボーナス時期です。7月、12月は若干相場が上がると言われています。しかし、こちらはそこまで期待できないです。相場が上がるとは逆で、相場が下がる時期もあります。それはフルモデルチェンジの時期です。新車で車を購入して、5年ほど乗って売却を考えるとき、その車種はフルモデルチェンジをする時期でもあります。その時期は売却金額が一気に下がる時期でもあるので注意が必要です。新車を乗り継ぎたいと考えている人は、3年ごとに乗り換えるのが一番お得といわれています。ミニバンや低燃費車などの人気車種で無い限りは買取り価格に期待はできないので、特に乗りたい車が無ければ乗りつぶした方が良いです。

 

ローンが残っていても車は売れるの?

 

車を売却するためには、「名義人による契約手続き」が必須です。一応、名義人以外が代理人として手続きを進めることはできますが、そのためには「名義人の委任状」を提出する必要があります。時折、バラエティ番組などで「持ち主に内緒で愛車を売却する」といったことが行われますが、これはあくまでも演出でしかないので現実的には実現不可能と考えた方が賢明です。

 

ローンが残っていても売れる状況としては、「ローン会社の同意が得られている状態」に限られます。たとえば、「売却価格がローン残債よりも高く、そのお金で一括返済できる」という状況であれば、見積書の提出などを条件にローン会社からの同意を得られる可能性があるため、残債ありの状態でも売却手続きを進めることが可能です。

 

ローンで購入した車を売却するためには、上記のように「売却したお金で完済できることが確定している状態」か、もしくは「事前に完済している状態」である必要があります。これ以外の状況では基本的に同意を得て売却することは難しいため、いわゆる「金融車」として市場に出回ってしまうことになりかねません。もし、金融車として売却した場合には、後からとんでもないトラブルに巻き込まれる可能性があるので覚悟が必要です。

 

 

 

新古車 VS 新車@どっちがいい?メリット&デメリットは?

 

新古車と新車とどっちがいいかを考える場合、新古車のメリットとデメリットをよく考えてみる必要があります。

 

新古車という言葉は少し誤解を招きやすいのですが、新車ではなくあくまでも中古車であることを理解しておく必要があります。

 

つまり、すでに登録済みの車であるということです。したがって通常新車を購入したときには次回の車検まで3年あるのに対して、新古車の場合は3年を切ってしまっています。また、好きなボディーカラーやオプションを選ぶことができないのもデメリットの一つです。

 

ただ、まだ誰も使ったことのない未使用車なので、状態は新車と同等でとても綺麗です。そこで新古車を選ぶ場合のポイントは新車を購入するのに比べてどれくらいお得感があるのか、つまりどれくらい価格が安くなっているのかという点で比較をすることが大切です。

 

新車には様々な諸費用が加算されますが、新古車の場合はすでに3年分の自動車重量税や自賠責保険料が支払われています。

 

また車両価格も安くなっていることでしょう。しかし、新車には値引きがあるのですべてを総合的に判断するためには、どちらもきちんと見積もりをとることが大切です。

 

その上でたとえば10万円以上安かったら新古車にするなど自分で判断基準を決めておくと良いでしょう。