MENU

車の買い替え、おすすめの時期は?

 

一般的には、”1月〜3月の年度末に向けた時期”がベストと言われています。

 

※4月1日付で自動車税の対象となる前に処分する人が多いため

 

ですが、結論から先に言うと

 

「買い換えるなら、今でしょ!」

 

という、某先生の言葉どおり、今がおすすめです。

 

買取額が下がるため

 

  • モデルチェンジがある
  • 年を超える
  • ライバル車種が新モデルを発表する

 

といった理由で、あなたが現在乗っている、愛車の査定額が大幅に下がるからです。

 

私の経験ですが、新モデル発表が原因で12万円くらい下がった経験があります(涙)

 

また、月日が経つほど車の価値がどんどん下がるため、買い替えは今がベストです。

 

【今すぐ、愛車の無料一括査定をするならこちら】

 

http://a-satei.com/

 

 

おすすめの車種は

 

  • 独り者 or 家族
  • レジャー用 or 近所の買い物程度
  • 国産 or 外車

 

など人や状況によって、異なるためなんとも言えません。

 

ただ、一つ言えることは”新古車”は意外な穴場です。

 

無料で理想の”新古車”を探してみませんか?

 

これから紹介する”ナビクル”というサービスは”欲しい車の条件を入力するだけ”で、

 

中古車のプロがあなたの希望通りのプリウスの新古車・未使用車を探してくれます。

 

「予算は○×円以内に抑えたい」
「ディーラーの新車見積もりと比較してみたい」

 

など細かい要望を備考欄に書けば、連絡時にスムーズに話が進みます。

 

利用料金は無料ですので、ナビクルでまずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

 

ナビクル(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の60秒!他を圧倒する簡単入力!
A完全無料であなたにピッタリのプリウスを探してくれる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
C購入後のアンケート回答でAmazonギフト券5,000円分プレゼント!

 

https://a-navikuru.com

 

 

現在の”愛車”の査定をするなら

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

 

コラム:自動車の寿命は何年くらいもつの?

 

自動車の寿命は何年くらいもつのかというと、これはお金さえかければいくらでも乗り続けることは可能です。

 

実際にクラッシックカーと呼ばれる30年も40年も前の車が走っていることを見ても分かる通り、適切な整備さえしていれば自動車はボディが朽ち果ててしまわない限り乗り続けることができますから、
お金のことを度外視して乗り続けるのであれば寿命は相当長いといえます。

 

ただ、現実的に一つの車を修理し続けて乗るのは限界があり、ある程度お金がかかるようになると乗り換える人が増えてくるのでその目安としては10年ぐらいが寿命と言えます。

 

10年程度経過した車というのは、消耗品の交換が必要になってくる時期で数十万円と費用がかかることになります。

 

一度まとめて交換をしてしまえば、また10年程度は乗ることができるとは言え10年程度経過した車にそれだけのお金をかけるのかという問題が出てきますし、次から次に不具合が発生する可能性も考えると乗り換えを検討する時期となります。

 

そのため、乗り続けようと思えば自動車の寿命はかなり長いものですが、現実的に考えると大体10年前後が寿命の目安となってくるので、後は個人の考え方によって寿命が変わってくるといえるでしょう。

 

 

TOPへ

 

 

 

車買取&買い替えのQ&A

 

車買取を紹介する人

 

車の下取りと買取の違いとは?

 

下取りとは、新しい車を購入する販売店で現在乗っている車を売り、購入する際の代金の一部に充当する方法です。一般的に多くの人が行っている、ポピュラーな方法です。下取り価格は各社が決めている基本価格をもとに、キズなどを減額して決めます。

 

下取りの大きなメリットは、車の新規購入の契約と下取りの契約とを販売店で全て行うため、手間がかからず楽という点です。また、新しい車の納車と同時に引き渡すので、買い替えまでの移動手段に困らないということもメリットの一つです。

 

一方で買取は、買取専門店などに現在の車を買い取ってもらい、現金を得ることです。新規購入を考えているならば、その代金を購入に充てることができます。

 

以前であれば下取りの方が圧倒的に多くとられる方法でしたが、最近では買取も増えてきています。理由は買い取り価格の違いにあります。下取りよりも買取の方が、大抵の場合は高く買い取ってもらえます。なぜならば、買取は装備やオプションなども評価の対象となり、車を現金化するまでの流通経路も確立されているためです。また、買取専門店も自宅まで無料で査定に来てくれたり、名義変更などの手続きも代行してくれるので、下取りと比べても、買取が以前ほど手間のかかるものではなくなってきていることも要因です。

 

 

売却するタイミングはいつがベスト?

 

車の売却で多くの人が疑問に感じているのが、車を売却するタイミングはいつがベストなの?という疑問です。これには絶対的な正解というものはありません。しかし、中古車相場が高くなる時期というものがあります。その時期には相場よりも高く売れる可能性が高まることは事実です。その時期は免許を取得する人が増える3月、4月です。この時期は若い世代の人たちが車に乗り始める時期です。なので、一時的に中古車の需要は高まります。若者の車離れが問題視されている日本ですが、それでも一定の需要はあるので、この時期は狙い目です。後はボーナス時期です。7月、12月は若干相場が上がると言われています。しかし、こちらはそこまで期待できないです。相場が上がるとは逆で、相場が下がる時期もあります。それはフルモデルチェンジの時期です。新車で車を購入して、5年ほど乗って売却を考えるとき、その車種はフルモデルチェンジをする時期でもあります。その時期は売却金額が一気に下がる時期でもあるので注意が必要です。新車を乗り継ぎたいと考えている人は、3年ごとに乗り換えるのが一番お得といわれています。ミニバンや低燃費車などの人気車種で無い限りは買取り価格に期待はできないので、特に乗りたい車が無ければ乗りつぶした方が良いです。

 

ローンが残っていても車は売れるの?

 

車を売却するためには、「名義人による契約手続き」が必須です。一応、名義人以外が代理人として手続きを進めることはできますが、そのためには「名義人の委任状」を提出する必要があります。時折、バラエティ番組などで「持ち主に内緒で愛車を売却する」といったことが行われますが、これはあくまでも演出でしかないので現実的には実現不可能と考えた方が賢明です。

 

ローンが残っていても売れる状況としては、「ローン会社の同意が得られている状態」に限られます。たとえば、「売却価格がローン残債よりも高く、そのお金で一括返済できる」という状況であれば、見積書の提出などを条件にローン会社からの同意を得られる可能性があるため、残債ありの状態でも売却手続きを進めることが可能です。

 

ローンで購入した車を売却するためには、上記のように「売却したお金で完済できることが確定している状態」か、もしくは「事前に完済している状態」である必要があります。これ以外の状況では基本的に同意を得て売却することは難しいため、いわゆる「金融車」として市場に出回ってしまうことになりかねません。もし、金融車として売却した場合には、後からとんでもないトラブルに巻き込まれる可能性があるので覚悟が必要です。

 

 

 

新古車 VS 新車@どっちがいい?メリット&デメリットは?

 

新古車と新車とどっちがいいかを考える場合、新古車のメリットとデメリットをよく考えてみる必要があります。

 

新古車という言葉は少し誤解を招きやすいのですが、新車ではなくあくまでも中古車であることを理解しておく必要があります。

 

つまり、すでに登録済みの車であるということです。したがって通常新車を購入したときには次回の車検まで3年あるのに対して、新古車の場合は3年を切ってしまっています。また、好きなボディーカラーやオプションを選ぶことができないのもデメリットの一つです。

 

ただ、まだ誰も使ったことのない未使用車なので、状態は新車と同等でとても綺麗です。そこで新古車を選ぶ場合のポイントは新車を購入するのに比べてどれくらいお得感があるのか、つまりどれくらい価格が安くなっているのかという点で比較をすることが大切です。

 

新車には様々な諸費用が加算されますが、新古車の場合はすでに3年分の自動車重量税や自賠責保険料が支払われています。

 

また車両価格も安くなっていることでしょう。しかし、新車には値引きがあるのですべてを総合的に判断するためには、どちらもきちんと見積もりをとることが大切です。

 

その上でたとえば10万円以上安かったら新古車にするなど自分で判断基準を決めておくと良いでしょう。

 

車買取査定は車検前・車検後、どっちがいい?

 

車買取査定を受けるなら、車検前と車検後どっちがいいか気になる人もいることでしょうが、特別な理由がない限り車検前に受けたほうがお得です。

 

車検の残り期限が短いと減額をされてしまうのではないかと思うかもしれませんが、車検の残り期限というのはほとんど査定に影響が出るようなものではなく、2年まるまる残っていて僅かにプラスになるのかという程度にしかなりません。

 

そもそも、車検の残り期限は車の良し悪しに関係のない部分ですから、極端に言えば車検が切れていたとしても車の価値が下がるようなものではないので、車検の残り期限を気にする必要はないのです。

 

それではなぜ、車検前に受けた方が良いのかというと、車検後だと車検にかかった費用以上に査定額が上がるということはないので、その分だけ損をしてしまうためです。

 

このような理由があるので、車検を受けてしばらく車を使い続けるという理由でもない限り、車検前に車買取査定を受けたほうが得をすることになります。

 

また、車というのは時間の経過とともに価値が下がっていってしまいますから、売るのであれば早めに売ったほうが良いので、そのような面からも車検後よりは車検前のほうが有利となるのです。

 

車のキズや凹み!修理前?修理後?査定に出すならどっち?

車のキズや凹みはマイナスポイントになってしまいますから、修理をしてから査定を受けたほうがいいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

 

修理前と修理後どっちができるだけ損をしなくて済むのかというと、これは修理を出さずそのまま査定を受けたほうが損をせずに済みます。

 

修理をしなければ、当然査定は下がってしまうものの修理費はかかりません。

 

修理をしておけば減額は避けられるかもしれませんが、修理費はかかります。

 

ここにポイントがあるため車のキズや凹みはそのままにして、査定に出したほうが良いのです。

 

つまり、修理にかかった費用以上に査定額がアップするということは極めてまれな話であるため、せっかくお金をかけて修理をしても得をするばかりか次のユーザーのためにわざわざお金をかけて直してあげたということにしかならないのです。

 

なぜ、このようなことになるかといえば、買取業者は自社で修理を行えば安く修理をすることができます。

 

安く修理できる業者に対して個人が太刀打ちできるわけがありませんから、修理をして査定を受けてもかかった費用以上に査定が上がることはなく、

 

むしろ差額の分だけ損をしてしまうということになるので車のキズや凹みがあるときはそのまま査定に出しましょう。

 

10万キロ以上の車が売れない理由とは?

 

10万キロ以上の車が絶対に売れないわけではありませんが、実際問題として売れない、売りにくいことが多いでしょう。

 

売れない理由は結局のところ、そのような車を買う人が少ないからということに尽きます。車買取会社にとってみれば、10万キロ以上であろうが何であろうが買い手がつくのであれば買い取ることができる、
オーナーから見れば売れるはずですが、なかなか買い手がつかないのが残念ながら現実であり、これが売れない理由となって現れてくるのです。

 

ではどうして買い手がつかないのかというと、維持費が高くなるからという理由が大きいでしょう。別に10万キロ以上となれば維持費を高く取るというような取り決めがあるわけではありませんが、

 

平均的にみて10万キロも走れば種々の消耗品は交換時期を迎えることが多いものです。

 

これらはもちろん車そのものの値段に比べれば安いものであることが多いでしょうが、それでも場合によっては数万円以上かかることも珍しくありません。

 

さらには走行距離によって決まるわけではありませんが10年を越えた車は税金が高くなるという背景もあります。

 

これらを嫌って、10万キロ以上という一応の目安ラインを考え、それ以下の車を買う人が多いことが理由となっています。
"

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールインワンジェル@脂性肌のあなたにピッタリ!はコレ!
オールインワンゲル@育児・産後の忙しいママさん向けはこちら!
オールインワンジェル@おすすめ安い&コスパ最強【※悩み別】
オールインワンジェル@おすすめのメンズ用はこちら※男も美しく!
オールインワンジェル・ランキング@40代ならワンランク上を!
オールインワンジェル@おすすめ!20代の悩みはニキビ?ハリ?
オールインワンジェルおすすめはコレ!※30代の悩みはシミ?
オールインワンジェルおすすめ!50代はシミ対策がベスト?!
【激怒!】しみ・そばかすは嫌!ならオールインワンジェル!
オールインワンジェル@シワ向けならコレ!※諦めたら試合終了です
オールインワンジェルで敏感肌のあなたにピッタリはコレ!※10秒解説

 

オールインワンジェルで美白?!※シミ・そばかす対策の化粧品はコレ!
オールインワンジェル@べたつかない!さらさら〜サッパリ♪ならコレ!
【怒り!】ニキビ・乾燥にうんざり!オールインワンジェルはコレ!
毛穴に激怒!※オールインワン化粧品で毛穴の開き・黒ずみ対策!
コスパ最強は?!※オールインワン化粧品でどれがお得か徹底比較!
化粧水・乳液を1本で!※ オールインワンおすすめランキング!
【※乾燥にうんざり!】オールインワンジェルで保湿ならこれ!
【※乾燥肌に怒!】スキンケア@オールインワンゲルを徹底解説!
ひりひりはイヤ!※オールインワンジェルでノンアルコールはこれ! 

 

【どうにかしたい!】顔の赤みにクリーム・化粧水がおすすめ!
赤ら顔におすすめのクリームはこれ!※えっ?返金保証付きで安心?
赤ら顔の化粧水おすすめランキング!【※返金保証ありで安心】 
男だって赤ら顔はイヤだ!※おすすめ化粧水はこちら!
赤ら顔の化粧水@安い!おすすめ&返金保証ありはこちら!
【ゲッ!ニキビ跡で赤ら顔に!】※化粧水おすすめランキング!
赤ら顔で鼻・頬をどうにかしたいなら@返金保証付きの化粧水で!
【うんざり!】赤ら顔をどうしたらいい?※まずは化粧水で対策! 
赤ら顔の対策に!※おすすめオールインワン化粧品ならコレ1本!
赤ら顔@スキンケアでおすすめの化粧水【※え?返金保証あり?】
【トナカイじゃない!】鼻の赤み対策の化粧水はコレがおすすめ!

 

シミを薄く?!おすすめ化粧水はどれ?あっ!コレ欲しかった♪
シミ薄くしたい!※おすすめクリームならこれ♪返金保証あり?!
【シミにうんざり!】産後のシミ対策化粧品でおすすめはこちら!
シミ・そばかすを薄くしたいあなたへ!ピッタリの化粧品はこれ!
ハイドロキノンでシミ薄くしたい!※え?返金保証ありの化粧品?!
頬のシミを薄くしたい!※おすすめの化粧品はヤッパリこれ♪
オールインワン化粧品でシミ対策!※おすすめを10秒で解説♪
男だって顔のシミが気になる!※おすすめの化粧品はやっぱりコレ!
【2018年最新版】※顔のシミ基礎化粧品@おすすめランキング!
30代はシミだらけ?!※基礎化粧品で対策を早くを打ちましょう!
40代はシミだらけ?!@おすすめシミ対策化粧品ランキング!
【2018年最新版】シミ対策化粧水でおすすめ!安いランキング!

 

50代はシミだらけ!@おすすめシミ対策化粧品ランキング!
【シミにうんざり!】シミ対策クリーム@おすすめランキング!
できてしまったシミを何とかしたい!@おすすめ美容液はこちら!

 

 


エステナードリフティの最安値は?楽天・アマゾン【※購入比較】
エステナードソニックroseの最安値の比較表【楽天アマゾン公式】
フィンジア最安値の比較表あり!@安いのは楽天・アマゾン・公式
薬用ポリピュアex最安値の比較表あり!【楽天・アマゾン・公式】
アスロング最安値は楽天・アマゾン・公式?【※比較表で10秒!】
ナイトアイボーテ通販で最安値はドンキ・アマゾン・楽天・・・え?!
すっきりレッドスムージーって効果なし!って口コミに反論します!
ビューティーオープナーの定期購入の解約&注意点を1分解説!
はははのはで最安値は楽天・アマゾン・公式【※比較表あり】
金剛筋シャツを安く買う!最安値がどこか?比較表で1分解説!
Sinai(シナイ) 最安値@楽天・アマゾン・公式【※比較表あり】
duoザクレンジングバームは効果なし!の口コミに反論しました!
メルライン最安値は楽天・アマゾン・公式?【※比較表で10秒!】
シズカゲル最安値は楽天・アマゾン・公式?【※比較表で5秒!】
クリアポロンって通常購入VS定期購入@結局どっちがオトク?!